手汗で困っている子供の治療をする時の注意点

子供の写真

 

手掌多汗症は、大人・子供にかかわらず、手のひらに汗を多くかいてしまうと言う症状が現れます。

 

これは、体質が原因であることがほとんどですが、稀に他の病気が原因であったり、緊張や興奮により起こることもあります。

 

一般的には両手に症状が現れ、睡眠中は手汗が止まっているけれど、日常生活に支障を来すほど手汗をかいてしまうと言う特徴があります。

 

 

特に子供の場合は、身体からは出ていないのに手のひらだけは汗が多い、運動をしていないのに手汗をかいている、学校で配られるプリントが手汗でぬれてしまうと言ったことがあれば、手掌多汗症である可能性が高くなります。

 

 

こうした事例は、子供にとっては、いじめやからかいに繋がることもあるため、手掌多汗症が疑われるようであれば、早期の治療を行う必要があります。

 

 

治療には、いくつかの方法があります。

 

手汗専用の制汗剤を塗ることが、最も簡単な方法です。

おすすめの制汗剤 ファリネ

 

 

これは、一時的に汗を止めるものですが、子供には最適な方法だと言えます。

 

 

また、ビューホットと言う治療法もあります。これは、高周波の熱により汗腺を破壊すると言うものです。半永久的に効果が持続し、手のひらにメスを入れることなく根治が出来る、と言うメリットがあります。

 

 

その他にも、ボトックス注射など、いくつかの治療方法が挙げられます。しかしいずれにしても、子供の皮膚は発達途中であり、大人と比べると肌が弱いと言う弱点があります。そのため、いずれの方法も様子を見ながら行う必要があります。

 

 

 

参考:手掌多汗症の対策方法

 

 

 

 

手汗は長年の悩み‥でも今はとっても幸せ★

現在30代の私は、10代の頃から手汗で悩んでいます。

家族全員ではなく、私だけ。

代謝がイイのよって昔から言われていましたが、手汗かいて約15年!?

 

 

学生の時は字を書いている時は、タオルを引かないと紙が濡れてしまったり、テストの時はタオルをひけなかったので苦戦しました。

 

 

携帯はペトペトするし、ピアノを弾く時も滑って先生に怒られたりしました。体育祭の組体操や、フォークダンスは嬉しさもありましたが、手を繋ぐのでやりたくなかったです。

 

 

夏のコンビニや買い物でのお金の手渡しは、一番ピンチで、隠す事も出来ず長年の悩みです。

今は販売の仕事をしていますが、手を見られる事が恥ずかしく、手を隠してしまいますが、お会計などはレシートを添えて、おつりを返したりしてます。

 

 

常に洗ったり出来ればイイのですが‥。

 

また好きになった人と、初めて手を繋いだらベトベトと言われてしまい、恥ずかしさと、悲しさで辛い思いをしました。

しょうがない、と思いながらも自分がいけないのかなって思った時もありました。

手汗を改善出来ないかと思い、手術も考えましたが、他の場所が汗だくになるなど聞いたので、怖さとリスクが高そうなので諦めました。

 

手術はリスクが高いので、私が実行した改善方法は‥手汗はしょうがないし、病気でもないですし、治らないのなら私は先に手汗をかいてしまう事を告白しました。

自己満足になるので改善方法ではないかもしれませんが、気持ちは楽になりました。

 

「手汗を気にせず手を繋いでデートしたい!」と思っていた頃出逢ったのが今の主人です。

 

 

主人も手汗をかく人なので、気持ちも分かってくれましたし、夏に手を繋ぎたい時はタオルを間に挟んでもらったり、小指だけ触ったりしています。比較的冬は汗が少ないので冬に沢山繋いだりしています。

 

また私は足汗もかいてしまいます。夏に可愛いサンダルが履けないのが悩みです。

サンダルに靴下を合わせても楽しめるので足汗は改善しました。

 

最近は、パウダー入の制汗剤がとてもすぐれているので重宝しています。